購入申込

動作環境

公開コンテンツはこちら

AI英語4技能学習を
サポートします

4つのサービスで、AIが英語4技能学習をサポートします。

torepaコンテンツ

  • 中高
  • 自治体教育庁向け

レディメイドコンテンツ提供

詳しくはこちら

torepaエディター

  • 中高
  • 自治体教育庁向け

トレパエディター提供

詳しくはこちら

torepa Biz

  • 大学・専門学校
  • 語学学校・塾向け

トレパエディター提供

詳しくはこちら

torepa Publisher

  • 教育会社
  • 出版社向け

トレパエディター提供

詳しくはこちら

おすすめ動画

3分でわかるトレパ


【四天王寺高等学校編】英語4技能対応授業実現AIツール「トレパ」活用授業


【大阪府立箕面高等学校編】英語4技能対応授業実現AIツール「トレパ」活用授業

事例集

三浦学苑高等学校様での使用例

スピーキングの練習の時間にトレパを使っていただきました

  • ・意外と盛り上がる。先生が「集中しているところ、悪いんだけど…」と声かけするシーンも。
  • ・チャイムが鳴っても、発話し続ける生徒さんが何人もいた。
  • ・先生が「じゃあ、先生の後に続けて発音してみて」と言った時よりも、トレパ相手には積極的に発音していた生徒がいた。
  • ・生徒同士で評価を比べあって、発音のポイントなどについて教えあいが起きていた。

トレパで教材をつくる

シンプル&スピーディ。自分の授業に合わせたAI英語教材が作成可能!

トレパには様々な利用法があります。

  • ・生徒がスピーキングの宿題やトレーニングを行い、その結果をPDFにして提出
  • ・ライティングにおいて最低限の文法をAIにチェックさせ、先生方の添削の手間を軽減
  • ・生徒のプレゼン原稿など、オリジナルの英文をAIが読み上げ→リスニングやスピーキング練習用の音源に

トレパを使えば、これらの教案に沿ったAI英語教材を、色々な機能を組み合わせて自分で作ることができます。作り方はとってもシンプル。使いたい機能を選んで、用意した英文をコピー&ペーストするだけ。
授業中にでも作れてしまうほどで、リアルタイムなニーズにも対応できます。

こちらの動画をご覧いただければ、そのシンプルさが実感できると思います。

チュートリアル:トレパでの教材の作り方

「トレパ」をご購入の方は、教材を自分のクラスに公開し、クラスURLとメンバーIDを生徒に渡すだけで、簡単にオリジナル教材を授業に導入できます。

動作環境

推奨環境

  • ・以下に記載する推奨環境は、あくまで弊社の機器・環境での実証に基づくものであり、あらゆる環境での完全な動作を保証するものではありません。
  • ・ブラウザのバージョンは、可能な場合は最新のものをお使いください。

<クラス管理者アカウント>

デバイス
Windows PC
OS
Windows8、Windows 10
ブラウザ
Google Chrome、Microsoft Edge

<メンバーアカウント>

ブラウザ PC スマートフォン タブレット
Windows
8、10
Mac
10.13.2
Android
7.0
iOS
11※
Android
7.0
iOS
11※
Chrome
Safari
Edge

〇…問題なく使用できる  △…音声認識など、一部の機能が正常に動作しません
(音声認識は、お使いの回線の通信速度が遅い場合、反応が遅れることがあります。)

※iOS 10以前では、音声認識など、一部の機能が正常に動作しません。

※機能の詳細に関しては、トレパコンテンツ一覧に掲載されている「トレパの始め方(簡易マニュアル)」か、ログインした際に閲覧できる「コンテンツ作成マニュアル」をご参照ください。

発話などで音声を入力する際は、マイク付きのヘッドセットやイヤホンマイクの使用をお勧めします。マイクの仕様に「単一指向性」と表記があり、ノイズキャンセル機能のあるマイクが向いています。具体的には、以下の製品が有効と実証されています。

  • ・ヘッドセット「MM-HSTC01BK」(®サンワサプライ株式会社)
  • ・iPhone・iPadに付属の純正イヤホンマイク

リンク

《運営会社》

《コンテンツパートナー様》

《実証パートナー校様》